夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

新婚当初は仲が良く喧嘩をしてもすぐに仲直りしていた夫婦でも、時間経過とともにイライラが募って、夫にムカついてくることもありますよね。小さなイライラが積み重なると爆発寸前まで行ってしまいます。爆発する前に対処しておかないと夫婦仲に亀裂が入ってしまうことになるでしょう。家族の笑顔のためにも夫とは仲良し夫婦でいたいもの。ここでは、夫にイライラしたときの6つの対処法をご紹介していきます。

 

小さなイライラには、嫌味で応戦!

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

夫のムカつく行動にはいろいろありますが、少々のイライラとはどんなものでしょうか。例えば、何回言っても汚れ物を脱ぎっぱなしにする、テレビや電気を消してくれない、外では育メン面をする、など。小さなイライラは後になると笑える内容ばかりかもしれません。しかし、我慢してやり過ごすと、イライラが募り、ほんの些細なことにキレそうになってしまいますよね。
小さなイライラには嫌味で応戦するのが妥当です。少しすっきりすることでしょう。例えば、靴下をリビングにいつも脱ぎっぱなしにする夫にであれば、「○○ちゃんはパパを真似て汚れ物を脱ぎっぱなしにするのね!」「○○ちゃんはパパよりも上手ね!」などの嫌味で応戦しましょう。敢えて夫に聞こえるように子どもに対してしゃべるかける口調です。子どもがいない夫婦であれば夫に言うのではなく、「は?、臭い!」と独り言を大きな声で言うのもあり。夫に聞こえるようにわざと言う方が効果があります。
独り言へは夫もイラッとしても返答はできないはず。何か言い返されたら、「あ、ごめん。聞こえた?」などと言ってごまかしましょう。何度も繰り返すことによって、夫も嫌味を言われたくない心が生まれるため、夫のその悪い癖は抜けていきますよ。
もしも、嫌味の効果が現れて、夫の癖が改善された場合には、大いに褒めてあげましょう。夫の教育は子どもへの教育とさほど変わりません。できた場合には褒めてあげると喜びます。「さすがね!やればできるのね」などと大げさに褒めることが大切です。

 

ストレス発散に出かける

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

小さなイライラが溜まってきたと感じたら、そのまま放置してはストレスは蓄積されたまま。定期的に発散するようにしましょう。家事も育児も放置して、一人でフラッと出かけてみてくください。このとき、夫が不安や心配になるように何も言わずに急に外出すると効果的!
困っている夫の姿を想像するだけでも痛快です。小さな子どもがいるようならなおさら夫が困り果てるため、楽しいですよね。ただし、子どもには何の罪もありません。フラッと出かけたとしても3時間程度で帰宅するようにしましょう。子どもの授乳間隔までには帰宅した方が子どもが不安になりません。

 

我慢できないイライラには!真剣に嫌なことを伝える

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

我慢できないほどのイライラにはいたずらや嫌味などでごまかさずに夫婦で真剣に向き合うべきですよね。本当に嫌なことをきちんと真剣に伝えてみましょう。理想は面と向かって真剣に口頭で話すこと。どうしても口では言いにくい場合には、メールや手紙などでもいいでしょう。
我慢できないイライラとは、例えば、共稼ぎにもかかわらず、夫が家事も育児も協力しない、夫が家計にお金を入れないなどが当てはまります。確かに、これらのイライラは我慢するには負担が大きすぎますよね。嫌味を言うくらいじゃすっきりはしないもの。物理的な解決が望ましい状態です。
この手の夫は、妻が限界まで我慢しているとは気がついていない鈍感な夫の可能性があります。しっかり、本当に嫌だと言うことを伝えてみましょう。妻がなんとかしているからいいのだろう、と勝手に思い込んでしまっているのかもしれません。
悪気のない行動ほど厄介なことはないですよね。悪気がないからこそ、自然解決は見込めない状態。そのため、しっかり伝えることで、夫が家事や育児、家計に協力をしてくれる結果になるはずです。

 

家計を顧みずにショッピング

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

夫になかなか話す機会がなく、イライラが爆発しそうな限界点に達する前に、なんとか、イライラを抑える必要がありますよね。その場合には、何も考えずに散財してみましょう。あなたはきっと、日々の忙しさに追われて、欲しいものも買ってはいない状態ですよね。家計を考えると無駄遣いはできないと感じているのは当然です。
しかし、精神のバランスが崩れて、体調不良になる前に一度くらいは自分にご褒美をあげてもいいのではないでしょうか。あなたの笑顔が家族の笑顔です。笑顔を取り戻すための散財であれば、きっと後から安い買い物だったと感じられますよ。
ただし、味を占めて何度も繰り返す行動はNGです。女性は我慢せずにショッピングをすることでドーパミンが放出されるため、脳内麻痺を起こします。一種の依存症状態に陥りやすいと言うこと。そうなると、イライラの一時的な解放ではなくなり、もっと厄介な状態に入る可能性があります。くれぐれも注意してくださいね。

 

ブチ切れそうなイライラには!プチ家出

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

夫と話し合ってみても夫の態度が改善されない場合には、ブチ切れ寸前な状態になるでしょう。何を言っても理解してくれない夫なのであれば、一度、懲らしめる必要があります。思い切ってプチ家出を敢行してみましょう。
あなたの存在意義を夫は理解していないのかもしれません。しばらく不在にすることで、改めてあなたの存在意義を見出してくれることでしょう。「帰ってきて欲しい」と夫から連絡が入るまでは、しばらく家を空けてみるといいかもしれません。
もちろん、家出の際には小さな子どもであれば一緒に連れて行ってあげてくださいね。少し大きな子どもで学校を休むわけにはいかない場合には、子どもにだけは連絡先や行き先を告げるようにしましょう。てこまめに連絡を入れてくださいね。
プチ家出の期間の目安は1週間です。子どもの生活のためにもそれ以上のプチ家出はデメリットの方が増えるかもしれません。それまで待っても夫が何も言ってこない場合には、一旦家に帰りましょう。1週間待っても何も言ってこない理由は2つ。1つ目は、何をいえばいいのかわからずに困り果てているケース。2つ目は、夫が怒っているケースです。前者の場合には、あなたが帰宅したことを喜んでくれます。その後の態度は改善されることでしょう。しかし、後者であれば、更に夫の態度が悪化します。後者の場合には、夫婦関係の修復は難しいかもしれません。

 

切れる前に罰金制を導入しよう!

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

ブチ切れ寸前まで夫にイライラする状態の1つには、夫の女性関係の問題があることでしょう。しかし、あなたとの結婚生活は続けたいがために何度も浮気を繰り返しては謝罪をする。そんな場合には、罰金制を導入することをおすすめします。
夫を懲らしめるためには、浮気資金を取り上げてしまえばいいのです。1浮気ごとに10万円など罰金制を導入することで、夫の浮気は不可能な状態に。ただし、間違いない証拠を押さえた上で導入しなければなりません。迂闊に確かな証拠がないにもかかわらずに罰金を徴収すると逆効果です。夫の立場の方が強くなってしまいますので注意してくださいね。
罰金制を導入する目的は、浮気資金を渡さないこと、しかしそれ以上に浮気の予防です。そのため、導入する際には、事前にシステムを夫に説明しておきましょう。次浮気をしたら罰金を徴収されると分かれば、夫も浮気をしづらくなりますよね。所詮は浮気です。お金をかけて、妻との夫婦関係を決定的に壊してまで浮気を続ける男性は少ないもの。先に浮気の抑止力となる方法を夫に説明することに意味があるのです。

 

まとめ

 

夫にムカつく!夫にイライラしたときの6つの対処法

 

夫にイライラする場合には、取り返しがつかない状態になる前に適宜ストレス発散をしておきましょう。イライラの種類は様々です。他人から見たら可愛いイライラもあれば、本格的に夫婦関係に亀裂が入るほどのイライラもあることでしょう。小さなイライラを溜め込まないことが夫婦円満の秘訣ですよ。悪化する前に正しい対処をしてくださいね。